“雪の戯れ”


小川にふりそそぐ粉雪
あなたはそれを見つめている
時折私の方に眼をやっては微笑む
そう少女のような笑みで

あなたを後ろから抱きしめて
襦袢の紐を解く
シュルルルーと紐はほどけ畳に落ちる
そこにあるのは 木目細かな白い肌
粉雪の白さとの調和
見事なまでの 美の曲線

豊かなるふたつの丘は
わたしの掌から 溢れんばかりに弾ける
次第に指に力を込めれば
「優しくして」と 頬染める

抱き寄せれば うなじに熱いくちづけ
匂い立つは 紅薔薇の香り
次第に 僕の血潮が
一方向に向かうを感じる

熱い蜜壷から溢れるものを
私は中指に感じ取る
あなたは眼を閉じて
唇から 熱い吐息を洩らす

小川にふりそそぐ粉雪
あなたはそれすらも眼に映らない
既に陽は落ちて 夕闇が迫る
今宵の舞台は
あなたと雪の共演作

ここは京都貴船川…