【細雪の白 うなじの白】

上気した素顔が とても奇麗だと思った

窓の外には ささめ雪の白
湯上がりの肌に 夕陽がはえる

静寂が包み込むこのこの部屋で
君がいる事を強く意識する

夕陽があっさりと沈み
夜が訪れる
灯りもつけないで
雪の傘をかぶる 木々の息遣いを感じてる
美しい君がいる

日常にふと疲れた時
君の笑顔 思い出して
ただ君の笑顔が見たくて

京の都に来ている
僕のわがままに
困ったように微笑んだ君と

細雪の白 うなじの白
鮮やかなコントラスト
美の祭典に酔いしれる

心にデッサン描きつつ
くちづけを交す

時は1月…